稽古場

コシカケマチアイ その2

腰板が張られました ここに腰掛を設えます 腰掛の高さは畳廊下の畳と面一になるようにしてもらう予定です 正客石と連客石のイメージです 茶室に近い方に正客石を、その横に連客石を配置して、正客石は連客石より少し高くしてもらいます 正客石は今の稽古場の…

コシカケマチアイ その1

腰掛待合の天井が仕上がりました 設計士の先生がいい感じになったと言っていました 匠の技です 石川県は「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらい雨が多い地域ですので、土砂降りの雨の時は腰掛待合から軒下を通り三畳台目の茶室に入れるよう設計してもら…

サンジョウダイメ その3

茶室の釘が届きました 京都の室金物さんから購入しました さすが老舗の金物屋さんです ひとつひとつ手書きの袋に入れてありました 三畳台目の床の釘です 掛軸を掛ける軸釘は竹釘(30mm)で廻り縁から九分下に 掛花入の花生釘(細口21mm)は床柱の床框から落掛ま…

サンジョウダイメ その2

炉壇が届きました 普及品本壁炉壇 ステンレス製聚楽壁色炉壇 建設工事の現場事務所で開封したので床が散らかっております <m(__)m> 普及品本壁炉壇は金沢の興風園さんから購入しました 一昨日届いたばかりです この炉壇を作っていた職人さんがリタイアされ、最後のひ</m(__)m>…

ヤネカンセイ

9月1日の上棟式から1ヶ月、屋根が完成しました 屋根瓦は小松瓦です 小松瓦は瓦の表面のみならず裏面まで釉薬が施され、耐久性に優れているとのことです 石川県は降水量が多く、海に面していますので、耐水性、耐塩害性のある小松瓦は最適です 父親こだわりの…

サンジョウダイメ その1

上棟式から半月経ちました いよいよ三畳台目の建方開始です 置いてある石は茶室軒の柱の駒石です 建て方一日目 柱が建ち、屋根が半分現れました 建て方二日目 軒の柱が駒石に乗り、足場が設置されました 建て方三日目 腰掛待合側の屋根が現れました 腰掛待合…

ジョウトウシキ その2

心配していた雨に降られることなく、作業二日目を迎えました 今日も快晴です 家の後から撮影しました もう陽が暮れそうです 作業二日目終了です まだ作業前です 三日目も快晴です 作業開始です クレーンが小っちゃくなりました 家の後の方の部材を吊るさなく…

ジョウトウシキ その1

平成29年9月1日、大安吉日、快晴、いよいよ上棟式です 基礎の要所要所に清めの酒をかけ 同じく清めの塩を撒いて 午前八時 作業開始です 玄関から撮影しました 手前から逆勝手六畳、本勝手八畳、水屋になります 茶室と畳廊下の杉面取柱には青い緩衝材が巻…

キソコウジ

地盤改良工事の後に基礎工事が開始されました 配筋検査の画像です 基礎工事終了です ここが玄関になります 画像右側のコンクリートの土間が腰掛待合と外露地です コンクリート土間から向うが内露地です 内露地から腰掛待合、外露地を見た画像です 内露地から…

ケンセツカイシ

6月19日から地盤改良工事が始まりました 4日ほどで終了し、その後、基礎工事だそうです 設計士の先生が画像を送ってくれました ここに三畳台目の茶室が建ちます こんな素敵な写真も送ってくださいました 本勝手三畳台目切中柱上座床、本勝手八畳上座床、逆勝…

ジチンサイ

6月3日(土)先勝の午前に地鎮祭を執り行いました 大変歴史のある安宅住吉神社の宮司様と禰宜様にお祓いをして頂きましたのでこの地のオオトコヌシの神様はこれからの工事の無事を約束してくださったに違いありません お茶の稽古場として本勝手八畳上座床、逆…

カイタイシュウリョウ

4月17日から始まった家屋の解体が連休半ばで終了しました 槇の木などの植栽以外はものの見事になくなってしまいました 一番下の写真の奥の方のところはにんにく畑です。解体が始まってしまって収穫はあきらめたのですが、解体業者さんが好意で残してくれまし…

カイタイカイシ

4月17日から生まれ育った家の解体が始まりました。 過去に改築しておりますが、築110年になります。 取り壊した後、今は別居中の両親との2世帯住宅を建てます。 その住宅には京間の八畳本勝手と六畳逆勝手のお茶の稽古場も造る予 定です。 設計図を見ながら…