丁酉歳皐月

f:id:soutoku323:20170502140116j:plain

f:id:soutoku323:20170502140200j:plain

にじり口から撮影しました

今月から風炉の稽古です

床 宗雲筆  薫風

 釜  筒糸目竹地紋  辰敏造

 風炉 唐銅道安    雄芳造

 

岩谷宗雲翁は作庭家で茶人として活躍された小松市の方です

昭和45年に功績分野「茶道」で小松市文化賞を受賞されております

 

f:id:soutoku323:20170502140824j:plain

 五月の薄茶の稽古用茶碗です

色絵 八橋  佳山造

 

f:id:soutoku323:20170502140926j:plain

五月の炭手前の稽古用香合です

独楽

 

 

 

 

稽古の花 4月25日~4月28日

f:id:soutoku323:20170428070948j:plain

 花  庭常 椿

花入 伊賀

      

f:id:soutoku323:20170501105716j:plain

珍しい花が手に入りましたので4月28日の稽古の花を変更です

花 稚児百合 花蘇芳

 

稽古のお菓子 4月25日~4月28日

f:id:soutoku323:20170427135628j:plain

今回は利休居士時代のお菓子を会記をもとに再現?してみました

行松さんのお菓子ではないので生徒さんは内心、不満でしょうが、おいしいと言ってくれました

 

ふのやき(山椒味噌餡) 司由庵製

炒りカヤの実 岐阜県

 

 

 

稽古のお菓子 4月18日~4月21日

f:id:soutoku323:20170422000304j:plain

f:id:soutoku323:20170422000347j:plain

主菓子 早苗きんとん 行松旭松堂製

干菓子 筍(打物) 行く春(生砂糖) 行松旭松堂製

 

行く春でしたので桜の花は散ったように盛ったつもりですが

お菓子の盛り付けは難しいです

 

 

 

 

 

 

カイタイカイシ

f:id:soutoku323:20170419130144j:plain

4月17日から生まれ育った家の解体が始まりました。

過去に改築しておりますが、築110年になります。

取り壊した後、今は別居中の両親との2世帯住宅を建てます。

その住宅には京間の八畳本勝手と六畳逆勝手のお茶の稽古場も造る予

定です。

設計図を見ながら「四畳半の回り茶道口の稽古が出来るな」「炉切り工事

はこれで良かったかな」とぶつぶつつぶやいております。

設計は金沢の設計士さんです。

もう何回も金沢市から能美市まで足を運んでもらっています。

おいでになる度に望んだ通りの設計図を携えて来てくださる最高の先生で

す。

f:id:soutoku323:20170419130327j:plain

f:id:soutoku323:20170419130839j:plain

今の稽古場です。

京間の四畳半本勝手です。

時々、ここで茶事も行っています。

 

こんどの新しい稽古場には三畳台目の茶室も付属します。

天井の高さも約束通りの低い天井にします。

ちゃんとした茶室ですが、天井が低いので設計上は物置だそうです。

 

f:id:soutoku323:20170419131043j:plain

二項道路から撮影しました。

二項道路に面した敷地に建築を行う場合はその中心線から2メートル後退し

なければならないとのことです。

実家は奥まったところにあり、こんな細い道から出入りしていましたが、

新しい家を建てるには敷地を道の一部とみなして道を広げなければなりま

せん。ですので、家を建てることのできる敷地面積は小さくなります。

でも道は広くなり、車の運転が楽になるのでしかたないです。

f:id:soutoku323:20170419131329j:plain

最近購入した物件です。

これも一緒に取り壊します。

取り壊して、生徒さん用の駐車場にする予定です。

 

                              つづく

 

 

 

稽古の花 4月18日~4月21日

f:id:soutoku323:20170418134113j:plain

花  夕霧 椿

花入 萩

 

 

稽古のお菓子 4月11日~4月14日

f:id:soutoku323:20170413110945j:plain

f:id:soutoku323:20170413111021j:plain

主菓子 花見団子 行松旭松堂製

干菓子 都の春(煎餅) 胡蝶花筏(飴) 行松旭松堂製