ケイコバカンセイ

玄関です

右側奥が六畳の稽古場になります

 

六畳の稽古場です

稽古茶事をする時はここが待合になります

 

待合前の畳廊下のガラス戸を開けて腰掛待合に進みます

 

腰掛待合です

 

腰掛待合の正客の位置から見た外露地になります

 

外露地と内露地です

 

内露地です

 

蹲です

 

北陸は雨が多いので軒を伸ばして雨の日でも腰掛待合から三畳台目まで雨に濡れないですむようにしました

 

露地のメインの木は万作です

 

三畳台目のにじり口です

 

床は略式床の踏込床にしました

 

床柱は赤松で中柱は椿です

 

下座床の稽古茶事用に壁床を設けました

 

点前座です

 

釘箱棚の稽古茶事のために釘箱棚を仕付けられるようにしました

 

釣り棚(二重棚)も仕付けられるようにしました

 

洞庫も設けました

 

三畳台目の水屋側です

 

茶道口を開けたところです

 

給仕口を開けたところです

 

水屋棚です

 

三畳台目の反対側が八畳の稽古場になります

 

八畳の稽古場の水屋側の茶道口です

 

八畳の稽古場です

いつもはここで稽古をします

右の襖を開けると六畳の稽古場です

 

コシカケマチアイ その3

腰掛待合です

左端の石が正客石です

その横が連客石になります

手前は沓脱ぎ石と二番石です

 

正客石から見た露地です

 

 

 

タタミローカ その2

玄関から撮影しました

 

正面の舞良戸(マイラド)向こうの畳廊下から六畳と八畳の稽古場に入ります

 

六畳の稽古場の東側の畳廊下です

 

その奥がお手洗いになっております

 

 

サンジョウダイメ その12

三畳台目のにじり口です

 

にじり口から中を撮影しました

 

にじり口正面に踏込床を設けました

 

 

洞床になっています

 

にじり口から点前座を撮影しました

 

下座床の稽古茶事ができるよう壁床も設けました

 

水屋から茶道口を撮影しました

 

左側が茶道口です

 

右側が給仕口です

敷居の溝は共通にしました

 

稽古茶事の時、折敷など配膳するカウンターです

 

扉を開けると台所と繋がります

 

茶道口から撮影しました

 

釣棚と釘箱棚の稽古茶事ができるよう壁に釘を四本打ってもらいました

 

二重棚です

 

釘箱棚です

 

給仕口から撮影しました

 

給仕口は禿口とも言うそうです

 

 

茶道稽古のお菓子 6月11日,13日,14日,15日

主菓子 水ぼたん     行松旭松堂製

干菓子 青楓 流水    行松旭松堂製

茶道稽古のお菓子 6月4日,6日,7日,8日

主菓子 蛍の宿      行松旭松堂製

干菓子 紫陽花 流水   行松旭松堂製