丁酉歳師走

12月ですので、少し侘びた風情がいいのかなと思いまして

 

床 江月宗玩筆 普化振鈴(巧芸印刷)

釜 姥口                辰敏造

 

普化

 中国・唐代の禅僧

 異様な行動が多かった風狂の僧

 本名、僧名は不明 普化は通称

 普く=あらゆる所に

 化=人々を正しい教えに導くこと

  =施し、布施

 普化宗開祖

 ※普化宗 虚無宗とも

  深編笠を被って尺八を吹く虚無僧でおなじみです

 

振鈴

 禅寺で起床の時刻を知らせるのに用いる鈴

茶道稽古のお菓子 12月5日~12月8日

主菓子 相生きんとん     行松旭松堂製

干菓子 寒林煎餅 ゆず美人  行松旭松堂製

 

相生きんとんの緑は松葉、茶色は松の幹を表しているそうです

常磐の緑と幹の茶色が仲良く年中同居していることからだそうです

茶道稽古の花 12月5日~12月8日

花  水仙

花入 萩

茶道稽古のお菓子 11月28日~12月1日

今週の火・水・木曜は今月4回目の稽古日につき自家製のお菓子にしました

先週金曜の稽古と同じ善哉です

菓子椀での頂き方を稽古しました

撮影用に白玉二個を確保してたのですが、妻に一個食べられていました

 

主菓子 木守り     行松旭松堂製

干菓子 時雨路 松葉  行松旭松堂製

 

金曜は生徒さん待望の行松さんのお菓子です

主菓子を菓子椀で頂く稽古をしました

茶道稽古の花 11月28日~12月1日

花  関戸太郎庵

花入 萩

 

まぁるくて、西王母よりおとなしい色合いで、なんとも可愛いらしい椿です

茶道稽古のお菓子 11月21日、22日、24日

主菓子 銀杏餅    行松旭松堂製

干菓子 松毬 松葉  行松旭松堂製

 

11月24日は第4週の稽古ですので自家製のお菓子です

今回のテーマは出されたらちょっと困るお菓子の食べ方です

黒文字杉箸を添えて菓子椀で善哉を食べてもらいました

茶道稽古の花 11月21日、22日、24日

花  水仙

花入 萩